ロードバイクのあれこれ

決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD のブログです。ロードバイク、トライアスロンに関連した様々な情報やベンチャー事業について書いていくつもりです。

*

第11回ツール・ド・宮古島2018 ロードレース 74kmの部

   

↓お使いのサイクルトレーナー。もしかしたら大事なロードバイクがポッキリいくかも!?↓
↓プロチームも使用!フレームのダメージゼロを目指す!↓

第11回ツール・ド・宮古島2018 ロードレース 74kmの部 レース概要

レース名 

第11回ツール・ド・宮古島2018 ロードレース 74kmの部

・開催日時 

2018年6月10日

・開催場所

沖縄県宮古島市全域

・天候

晴れ 28℃ 北西6m/s

・距離

74km

年齢

50歳代

性別

 男

機材

バイク:2018MERIDA SCULTURA400

コンポ:既成のまま(105以下)11-28T(11速)

ホイール:ZIPP FIRECREST 303(レンタルホイール)

リザルト

順位71位(299人中)

タイム2:07:39

Av 34.8km/h

 

 

ツール・ド・宮古島 74kmレースレポート

 

まずは、どのカテゴリーに出場するかが問題ではあったが、レース2ヶ月前に怪我をしたので、短い距離の80kmに出場する事に決めた。(ここにきて、3週間も練習できなかったのは、きつい)

まあ、もともとヘタレ脚なのでこれ位で良いかもしれない。

レース1ヶ月前までに練習の調子が上がってくれば、141kmにも挑戦したかったのだが。

昨年、出場した114kmと比べ伊良部大橋、池間大橋、来間大橋がカットされ、落車等のリスクは減り、その分集団は大きくなり、ゴール前からのスプリント勝負になると予想していた。

前にも述べたようにヘタレ脚なので、スプリント勝負にも、からめないであろう。

せめて先頭集団のままでゴールをしたいと思っていた。

昨年の114kmでは、残り30km位で、集団とちぎれてしまったので。(100位前後)

そいえば昨年のレースでは鉄(クロモリ)のバイクで9速・SORA、ホイールはZONDAで出場していたのだった。

新しいバイクに買い替えたのだから良い結果を出したいものだ。(とは言ってもアルミ)

怪我も治ったみたいで、練習再開。

レース2週間前位に、また距離が短くなった事を知る。

-6kmの74kmになった。

レンタルホイールが届き、50km程 試走してみる。(ZONDA比較)

漕ぎ出し『軽い』

上り坂『早い』

35km/h以上では、持続力がある

30km/h前後は、それといって

ハンドルが取られる(風速7m/s)

ブレーキの効きが弱い

 

・敗因

(昨年と同様、ちぎれてしまった)

練習不足

弱いだけ

 

・レースでこまったこと

バンダナをまかなかった事

予想していたより暑く、汗が目に入る。(レース会場には、持っていったのだが)

 

レース前後やレース中に少しでも気になった点

レース前から予想していた通り、集団ゴールであった。

60人位の集団ゴール

 

その他

ロケーションが最高。

沿道からの応援が、嬉しい。

片側車線を通行止めにして行っている。

島で飲むオリオンビールが、うまい。

 

大切なレース前に! 今、出せる最高のパフォーマンスを目指して!

 - レース情報, ロードバイク