ロードバイクのあれこれ

決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD のブログです。ロードバイク、トライアスロンに関連した様々な情報やベンチャー事業について書いていくつもりです。

*

ツービートクロール(スイム)の極意 トライアスロン、OWS

   

By: barshy

OWS(オープンウォータースイム)とは

プール以外の海や湖、川で泳ぐ遠泳競技です

ツービートクロール(スイム)の極意

キックとプルのタイミングを合わせる(←これだと思います)

※ほかにもボディーバランスやストリームラインとかあると思いますが※

僕は基本的にツービートで泳いでいます。

僕は6ビートが下手です。ドリルとしてビート板キックは毎回していますが、メインの時は気がつくとツービートになっていたります。

しかも6ビートの方が疲れるし遅いという笑。

トライアスロンを始めたとき(2年前)にツービートの練習を開始しましたが、その頃はめっちゃ遅くて100m2:00近く掛っていました。

今はツービートでコンスタントに100m1:25前後で戻ってくることができます(1:40サークル×7)

ちなみに僕は競泳未経験です。

一番上にも書きましたが、手と脚のタイミングを合わせることで、感覚的には推進力が2倍、3倍くらいあがるような気がします。

ツービートの腕と脚のタイミング

右手が入水し、水をかくとき(プルの時)に右手がちょうど胸くらいまできたと同時に、右脚を骨盤から力強く打つことで腕と脚のタイミングが合わさり、ひとかきひとけりでスーっと前進するような感じがします。
※これはあくまで僕の感覚論です

腕と脚のどんぴしゃのタイミングがどこかにあるので、それを探っていくことで速くツービートが泳げるようになると思います。

6ビートは腕と脚のタイミングを合わすことが難しいので、このどんぴしゃの感覚を6ビートに繋げていきたいです。

OWSの武器

3種類のキック

もし海で泳ぐのならば、2ビート、変速4ビート、6ビートを習得したほうが状況にあった選択ができます。

2種類のクロール(腕)

ストロークの長い大きな泳ぎ(ストライド泳法)、腕を高回転させるピッチ泳法も習得したいです。

様々な泳ぎ方(武器)を持ち、状況に合した選択をすることもプールで行う競泳と違いOWSの醍醐味のひとつかもしれません。

今年の目標

ということで、今年は8月の終わりに開催される湘南OWS(10km)に出場しようと思っています。

↓せっかくやるなら日本OWSの最高峰10kmでしょう!!↓

チャリティ湘南オープンウォータースイム

10kmとか泳いだことないですが、どんなものか楽しみです!!

初心者から本格派まで決戦用ホイールを誰でも手軽に 求む、剛脚!!

決戦用ホイールレンタル専門店 RIDE-FORWARD

 

↓ポチッとお願いします。ポチッとしてくだされば嬉しいです。あっ、登録とかじゃないので安心してください~
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - トライアスロン, トレーニング理論