ロードバイクのあれこれ

「レンタルホイール」で検索!決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD のブログです。ロードバイク、トライアスロンに関連した様々な情報を発信していきます。

*

TORIPI茨城県自転車競技選手権大会

      2018/07/22

↓お使いのサイクルトレーナー。もしかしたら大事なロードバイクがポッキリいくかも!?↓
↓プロチームも使用!フレームのダメージゼロを目指す!↓

TORIPI茨城県自転車競技選手権大会 レース概要

・レース名

TORIPI茨城県自転車競技選手権大会

・開催日時

平成30年7月16日月曜日 海の日

・開催場所

取手市 取手競輪場周長400メートル

・天候

晴れ

・性別

女性

・機材

ZIPP SUPER9 ディスクホイール

スプロケット 12-25T(DURAACE)

TORIPI茨城県自転車競技選手権大会 レースレポート

この大会は競輪場で行われるトラックレースです。

私が参加を決定した理由は、茨城車連の方に練習方法などを相談してみたところ、急遽10日前に参加する方針になりました。

ピストを持っていないため、TT系種目はTTバイク、スクラッチはロードバイクで出場しました。

ホイールは後輪zipp super9ディスクをこちらのレンタルで利用さしていただきました。

また、トラックレースなのでスプロケットの刻みが細かい方が良いと思いデュラエースの12-25tを付けていただきました。

何より、参加がかなり遅く決まったことによりこちらのレンタルの連絡がギリギリになってしまったのにもかかわらず迅速に対応していただき、間に合わしていただいたRIDE-FORWARD様には感謝の気持ちでいっぱいです。

種目は500m TT、2km TT、4km TT、4kmスクラッチの タイム計測種目3つの対戦競技1つの合計4種目に参加しました。

7時40分~8時バンク試走、10時30分500m、11時2km、11時30分4km、13時30分スクラッチというなかなかハードすぎる日程。

しかも天気予報通りの三連休で1番の36度越えの気温でかなり体力的にはきつい大会でした。

よく距離に比例してきついと思われがちな自転車競技ですが、トラックレースの短い時間で追い込むことの大変さきつさといえばなんともいえない感じです。(^^;)

タイムはというと500m45秒、2km3分2秒、4km6分5秒でした。2年ぶりのバンク、ピストではなくロードとはいえ遅すぎますね(TT)

これも良い経験ってことでロードレースに生かしたいところです。

スクラッチは男子選手とのレースなので、緊張していましたが序盤にできた2人の逃げには乗れず、1人追いかけ、

残った3人で追いますが先頭交代がうまく機能せず、3人でゴール勝負でした。ダッシュ力が欠ける私は最下位でした。

自分としては、 TTもラップタイムをうまく刻めず、スクラッチも逃げに乗ることができず、体力不足、the 初心者みたいなレースになってしまい良い意味で現状把握できました。

大切なレース前に! 今、出せる最高のパフォーマンスを目指して!

 - レース情報, ロードバイク