ロードバイクのあれこれ

決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD のブログです。ロードバイク、トライアスロンに関連した様々な情報やベンチャー事業について書いていくつもりです。

*

第34回全日本トライアスロン宮古島大会 2018

   

↓お使いのサイクルトレーナー。もしかしたら大事なロードバイクがポッキリいくかも!?↓
↓プロチームも使用!フレームのダメージゼロを目指す!↓

第34回全日本トライアスロン宮古島大会

・レース名

第34回全日本トライアスロン宮古島大会

・開催日時

2018年4月22日

・開催場所

沖縄県宮古島市

・天候

くもり(一時小雨、一時晴れ) 最高気温26度  水温 23度

・距離

202km スイム3km バイク157km ラン 42,195km

・年齢

50代後半

・性別

男性

・機材

使用しているバイク

Ceepo viper

コンポーネント種類とグレード(できたら)、決戦ホイール名と使用スプロケット種類(12-25Tなどなど)※わかる方は記載ください

アルテグラdi2 フロントZIPP303  リア ZIPPディスク 12-25T

・リザルトや順位(個人の特定が不安な方はだいたいのタイムをお教えください、未記入でも可です) 239位/1572位  完走率 81%

スイム 58分36秒 509位

バイク 5時間24分28秒(TI含む) 345 位

ラン  4時間30分46秒 225位

合計 10時間53分50秒

 第34回全日本トライアスロン宮古島大会 レースレポート

3年ぶり3度目の宮古島トライアスロン

毎年応募するも、3年ぶりの当選、チャレンジとなる

12月23日に一足早いクリスマスプレゼントの当選通知から約4カ月

のトレーニング。

木曜日に現地入りし、金土と前浜でのスイム練およびコースでのバイク練

で暑さと風になれる。

前日の伊良部大橋は強風でDHポジションも取れず、当日が危ぶまれる。

早朝7,00 スイムスタート 3km(1,5kmを2周回)

1周目を終わり、水分補給し、2週目へ。穏やかな宮古の海でのスイム

で目標通りでアップ。ただガーミンが反応なく、この先不安、、、。

トランジションも終わり、いざバイク157kmスタート。サイコンもなく、時間が

わからずも、練習を自分を信じ、とにかく頑張らないでマイペースで。

下りは脚を休め、上りもダンシングなしで、一定ペースで5時間10分~20分

を目標に。80km地点で一度ペースダウン、しばらく我慢しながら

復活するのを待つ、90kmで復活、ペースアップ。途中何度かドラフティング集団

に遭遇、なるべく近づかないよう、単独走をキープ。またドラフティングをわざと

仕掛けてくる人もいるが、無視。

島を一周半、無事に157kmを走りきり、バイクゴール バイクタイム5時間17分

ほぼ目標通りで一安心、最後のラン42,195kmへスタート。思いのほか脚は軽く、

チームメンバーに追いつき、ペース確認し、とにかくキロ6分を目標に一人また一人

と順調に追い越していく。先頭集団の走りに刺激をもらい、チームメンバーとの

ハイタッチに元気をもらい、折り返し地点でほぼ目標ペース通り、エイドで何度も

頭から水を浴び、体を冷やすが、そのせいで、水浸しの靴下との擦れで足裏がやばい

状況も、とにかくがまん!我慢!市内に戻ってくると沿道の声援、応援に元気一杯、

ラスト3km 漸く、心と体が解放され、ラストスパート。

3度目初めて明るい内にゴール。長~い一日が終わりました。

今年は気温もそれほど高くなく、バイク時、小雨もあるも、水分補給をしっかり

しないと、まだまだこの時期、暑さにからだが慣れていないので脱水状況で

リタイアの人も。

3つの橋の上は風に注意、前日は強風も、当日はそれほどではなく。

橋の上は、コースも狭く、なるべく集団にならないように注意、目の前で接触でバイク落者もあり

ドラフティング集団に何度か遭遇し、なるべく一定の距離を取るよう注意する。

マーシャルが頻繁にチェックしているが、お構いなしの人も。

ペナルティを課せられる人も。

水泳、自転車、マラソン、オシャレもこの一台

ガーミンマウントでサイクルコンピュータとしてロードバイクにも装着可能!

 - トライアスロン, レース情報