ロードバイクのあれこれ

「レンタルホイール」で検索!決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD のブログです。ロードバイク、トライアスロンに関連した様々な情報を発信していきます。

*

第19回ひわさうみがめトライアスロン

   

水泳、自転車、マラソン、オシャレもこの一台

ガーミンマウントでサイクルコンピュータとしてロードバイクにも装着可能!

第19回ひわさうみがめトライアスロン レース概要

・レース名

第19回ひわさうみがめトライアスロン

・開催日時

2018年7月15日(日)

・開催場所

日和佐美波町

・天候

晴れ

・距離

スイム1.5km、バイク40km、ラン10km

・年齢

30歳代

・性別

・機材

使用しているバイク

ジャイアント アドバンスプロ

コンポーネント アルテグラ

決戦ホイール FFWD チューブラー

スプロケット 12-25T

・結果(全体、バイクともに)

上位10%以内

第19回ひわさうみがめトライアスロン レースレポート

スイム 1.5km 往復コース

波の影響あり。全体のタイムが遅くタフなコース。

水質は良好で、まさに海を泳いでいるアドベンチャー感あり。

ゆっくりとスタートしましたが、心拍が全く上がらないため終始イージーペース笑。

不完全燃焼でスイムアップ。

タイムも思ったより悪く、普段なら先行している選手がすでにトランジションエリアに。

スイムアップ20位以内を狙っていましたが、ボロボロです。

バイク 40km 往復山岳コース

ひたすらアップダウンを繰り返すタフな山岳コース。

平坦は最初と最後の市街地のみ(全体の10km程度?)。

絶景のドライブコースを貸し切っているので、景色は最高。

路面は良好だがカーブの連続で下りのテクニックが必要。

事前の下見をおすすめします。

途中に2か所の補給所あり。

折り返しまでトップやライバルとのタイム差がわかるので、大体の順位が把握できます。

かなり暑いので、ボトルは確実に2本必要です。

ただひたすら暑く、登りばっかり。

下りでは終始安全運転。速い選手は下りでも攻めていました。

下りをいかに踏むかでタイムもだいぶかわっていくように思います。

折り返しで先頭とその後続との差をチェック。

その時点でだいたい35位くらい?

バイクはシーズンに入ってから調子が全く出ない。抜かれまくり笑。

冬場は調子上がっていたのに泣。

 

ラン 10km フラット往復コース

フラットですが気温36℃越えの中、ほとんど日陰がなく、いかに暑さに耐えるかが勝負の分かれ道。

上位の選手も暑さにやられ、フラフラになっていました。

上位組から落ちて来た選手が多い印象。かなりの暑さなので仕方ないですが。

がんばり過ぎず、淡々と走ります。

脚が重い重い。毎回エイドステーションで立ち止まって補給。

氷の袋を背中に入れ、なんとか粘ります。

たぶんキロ4:30くらいまで落ちているようなペースです。

最後1キロは学生がスパートを掛けてきたので、それに便乗。

出来るだけ付いて行くことでやっと、キロ4:00近くまで持ち直したような気がします。

翌日に観光を控えていたのもあって、タイムにこだわらないでおこうと思い、レース中は時計を付けませんでした。

おかげでレースの夜、翌日も思いっきり観光できました。

大切なレース前に! 今、出せる最高のパフォーマンスを目指して!

 - トライアスロン, レース情報