ロードバイクのあれこれ

決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD のブログです。ロードバイク、トライアスロンに関連した様々な情報やベンチャー事業について書いていくつもりです。

*

目指せ日本人初快挙!!トライアスリート、サポーター大募集!!

norseman

目指せ日本人初快挙!!海外のエクストリームトライアスロンに挑戦したいトライアスリート、サポーター大募集!!

海外のエクストリームトライアスロン(SWISSMAN、CELTMAN、Isklar Norseman)に挑戦します。

僕が調べた限りではSWISSMANは過去に1人、CELTMAN、Isklar Norsemanに関してはまだ日本人の完走者はいません

募集

トライアスリート及びサポータ―

応募条件

冒険心がある方、少しでもエクストリームトライアスロンに興味がある方

国籍、年齢、性別は問いません

Let’s challenge extreme triathlons with me

日本人として初めての快挙を一緒に達成しませんか。

人生は一度きり。自分の好きなことで突き抜けましょう。

初めは僕自身が一人で参加しようと思っていたのですが、参加要項を読むとほとんどの大会において一人では参加が難しいと判明しました。

過酷な競技なので、緊急事態が起きた時に運営とコンタクトが取れるサポーター(英語が話せるサポーター)が必要とのこと。

エクストリームトライアスロンはチーム戦

エクストリームトライアスロンは既存のトライアスロンではございません。

Isklar Norsemanは選手1人につき最低2人のサポーターが必要です。

サポーターはただ応援するのではありません。時には選手と一緒に走ったり、補給食を手渡したり、道を教えたり、簡単な通訳をしたり

まさにチーム一丸となってゴールに向かう競技であり、そこに魅力があると思います。

また、運営側とコンタクトがとれるサポーターが少なくとも一人いればいいと思うので、英語ができなくてもサポーターとして参加することは可能だと思います。(※ちょっと曖昧なので、後日詳しくマニュアルを読み込みます)

また、要望があればustream等でライブ配信を行い、国内からでも応援出来るようにしたいと考えています。(あくまでひとつの案ですが)

今回、僕自身はサポーターとして裏方に徹したいと思っております。もし英語が出来るサポーターが見つかれば、僕もトライアスリートとして参戦します。

参考記事 <アイアンマンレースより過酷!?世界のエクストリームトライアスロン特集!!

すこしでも興味がある方は弊社のホームページのお問い合わせフォームやツイッター、フェイスブックからご連絡ください

トライアスロン未経験の方でも、気兼ねなくご連絡ください。

<簡単なプロフィール>

27歳。男。アイアンマン完走経験あり。学生時代にアメリカやアジアに一人旅。

資格:英検2級、TOEIC 845点

※学生時代の話なので、現在の英語力は落ちているとは思いますが、日常会話レベルのコミュニケーションは可能です。必要なら再度勉強します。


公開日:
最終更新日:2015/12/12