ロードバイクのあれこれ

決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD のブログです。ロードバイク、トライアスロンに関連した様々な情報やベンチャー事業について書いていくつもりです。

*

ローズカップ福山 鞆の浦トライアスロン 2018

   

↓お使いのサイクルトレーナー。もしかしたら大事なロードバイクがポッキリいくかも!?↓
↓プロチームも使用!フレームのダメージゼロを目指す!↓

ローズカップ福山 鞆の浦トライアスロン 2018

・レース名

ローズカップ福山 鞆の浦トライアスロン 2018

・開催日時

平成30年6月10日(日)

・開催場所

広島県福山市

・天候

曇り

・距離

オリンピックディスタンス

スイム1.5km、バイク40km、ラン10km

・年齢

30歳前半

・性別

・機材

使用しているバイク

サーベロ S2

決戦ホイール

WH9000 DURAACE C35 クリンチャー

スプロケット 12-28T

・リザルトや順位

なんとか入賞しました。

平均速度 28.5km/h

平均ケイデンス 75回/分

平均心拍 159BPM

ローズカップ福山 鞆の浦トライアスロン レースレポート

<スイム>

1.5km 約1:30/100m

仙酔島から対岸までのワンウェイコース。

台風の影響で途中はかなりの荒波。

溺れかけました。

距離は若干短い?荒れに荒れていましたが。

ラフオープンウォータースイム楽しかったです。

<バイク>

バイクコース40km(前半激坂の繰り返し、後半フラットの河川敷2周+1.5km)

バイクは最初の11kmまでは激坂の繰り返し。

後半は下りと河川敷のフラットな直線コース。

バイクは最近、あまり調子が良くないので、山では出来るだけ大学生について行くように粘りました。

でもやはり心拍が全然上がらない。重いギアも踏めません。

前半の激坂は路面状態が悪く、かなりでこぼこしており、その衝撃でブレーキの片効きが発生し、一時停車してブレーキキャリパーを全開にしました。

そのため下りはかなり慎重に。

攻める人はこのくだりでアウタートップで踏んでいたようです。

かなりの人数に抜かれ、河川敷へ。

ここからはTTポジションでひたすら回すのみです。

しかし、コースの誘導が上手く伝わらなかったため、堤防の下をくぐるはずが、堤防の上に笑。

まさかのコースアウト。

単独でのコースアウト。後続に誰もいなくてよかったです。

2周回目でコースアウトした個所はちゃんと目立つようにコーンがたくさん置かれ、人も立っていました。

今回は気になりませんでしたが、強風の場合は風の影響をもろかぶりして、ハードコースに激変するかもしれません。

メカトラやコースアウトで気持ちはボロボロでしたが、なんとかフィニッシュ。

パンク等でDNFにならなかったのが、せめてもの救いです。

<ラン>

10km(手元の時計で39分49秒)

フラットな河川敷を4周回します。

途中、輪ゴムをくれるので、4個集まったらそのままゴールへ。

周回ミスが激減するこの方法はとても嬉しいです。

バイクでの心身ダメージのためか、心拍は余裕がありますが、スピードをあげられません笑

ペースを維持しつつゴール。平均キロ4:04

実際の距離は9.7km~9.8kmくらいでやや短かったです。

ちなみに全体的にみんなのランラップが悪いのは、計測地点がトランジッションの手間にあるのではなく、かなり手前に設置されているので、若干のバイクラップも含まれているためです。

<良かった点>

前夜祭の料理はかなり美味しかったです(ビールもあり)。

メニューも豊富で、クオリティーも高く大満足でした。

前日にバイクの預託が可能(朝の準備がかなり楽)。

基本的にワンウェイ。バイクコースは海が眼下に広がり景色最高(見る余裕があれば笑)。

スイムコースはきついけど、これまでのトライアスロンで1番印象に残り、楽しかったかも。

ランでの応援がかなり多い。ボランティアや観客が多く気持ち良く走れます。

500円の食事券があり、ゴール後は屋台で美味しいものが食べられます。

柑橘系の地ビールが飲みたかったです。。。美味しそうでした。

車なので、牛タン串を食べましたが(もちろん美味しかったです)。

<注意点>

仙酔島からのスタートなので、船に乗り遅れるとアウト。

ここは船の関係で1秒でも融通が効かないため、要注意。

トランジッションから乗船場まで少し離れているので、気長にセッティングしていると危険です。

~全体の流れ~

前日にバイクを預け(セッティングを済ませる)、当日はゴール付近の駐車場に車を停め、そのままランシューズをセッティング(乗船場で預けることも可)し、シャトルバスでトランジッション(途中下車可能)もしくは乗船場まで行きます。

ゴール後はそのままバイクをピックアップし車に積み込み、最寄りの銭湯(割引券あり)に行ってから帰宅。

<総評>

運営はスムーズでかなり良かったです。

(ボランティアのかたもがんばっておられましたし、リザルトの掲示も早かったです)

バイクでのコースアウトはボランティアの方が担当していたので、仕方ないです。誰も意図的にコースアウトさせようと思っていない訳ですし。事前のチェックをしていない自分にも落ち度があります。しかも、すぐに対応されていたので好印象。

個人的にはレース内容は散々でしたが、なんとか入賞したおかげで、来年のスイス世界選手権の出場権を獲得できました。

水泳、自転車、マラソン、オシャレもこの一台

ガーミンマウントでサイクルコンピュータとしてロードバイクにも装着可能!

 - トライアスロン, レース情報